街中を疾走する自転車ロードに歓声 宇都宮でジャパンカップ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
沿道に詰めかけた大観衆が見守る中、ハイスピードでコーナーを曲がる選手たち=宇都宮市で2019年10月19日午後3時52分、李舜撮影
沿道に詰めかけた大観衆が見守る中、ハイスピードでコーナーを曲がる選手たち=宇都宮市で2019年10月19日午後3時52分、李舜撮影

 自転車ロードレースジャパンカップの「クリテリウム」が19日、宇都宮市中心部の大通り周回コース(2・25キロ×15周=33・75キロ)で行われ、エドワード・トゥーンス選手(トレック・セガフレード)が初優勝を飾った。沿道には約5万人(主催者発表)が詰めかけ、疾走する選手たちに熱い声援を送った。

 レースには国内外の22チーム126選手が出走。10周目に入る直前に大規模な落車が発生し、スタート地点に戻…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文499文字)

あわせて読みたい

ニュース特集