メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

記者が避難した公民館の避難所。ロビーにシートを敷いて休む人々であふれている=長野県佐久穂町で2019年10月12日午後7時ごろ、坂根真理撮影

 台風19号で避難所生活を送る被災者は、19日午前11時現在で4646人にのぼる。今も1000人以上が避難している長野県では、記者自身も家族と避難所へ身を寄せた。だが、そこは必ずしも安心が得られる場所ではなく、結局は自宅へ引き返した。避難所といえば「体育館で雑魚寝」が定番だが、その環境は国際基準に照らすとかなり劣悪と指摘される。このままでいいのか、震災の避難所を取材した経験のある記者と共に探った。【坂根真理/長野支局、中川聡子/統合デジタル取材センター】

 台風が関東地方に近づいていた12日午後2時、記録的な大雨に見舞われた長野県佐久穂町で、アパートの2階にある記者(坂根)の自宅が停電した。徒歩5分の場所には千曲川がある。次第に暗くなってきて、ロウソクをともして夫と避難するかどうかを話し合った。

 外はたたきつけるような激しい雨だ。迷ったが、午後5時ごろ、夫、小学生の娘2人の計4人で近くの公民館に設けられた避難所に入った。だが、そこも停電で薄暗い。すでに大勢の人が詰めかけている。多くの人は持参したレジャーシートを狭いスペースに敷いて体を休めていた。支援物資が入っていた段ボールや袋を敷いている人も。私たちもレジャーシートを持参したが、「子どもはここで眠れるのだろうか」と早くも不安がこみ上げた。

 同じ年頃の子を持つ近所の友人女性に、避難所の様子をスマートフォンで撮影し無料通信アプリ「LINE」で送ると、「子どもが他の避難者に迷惑をかけてしまうと申し訳ない」と、避難をためらう返信があった。

 夜になるにつれて、冷え込んでくる。「毛布が足りない」という声があちこちで聞こえた。貴重品も身につけるしかなく、盗難に遭わないか、気が気でなかった。

 ひっきりなしに人が出入…

この記事は有料記事です。

残り3011文字(全文3747文字)

中川聡子

2006年入社。千葉支局、東京・社会部、生活報道部を経て、統合デジタル取材センター。性差別を追った年間連載「ガラスの天井」取材班として、16年貧困ジャーナリズム賞。19年にも「児童扶養手当の資格確認を巡るスクープ報道」で同賞を受けた。ジェンダーや家族、格差に関わる問題を中心に取材している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  2. 特集ワイド コロナショック 正確な現状分析なき「宣言」 元厚労相・前都知事、舛添要一氏

  3. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  4. 学生に「バイト来るな」 大学に「住所教えろ」 クラスター発生の京産大へ差別相次ぐ

  5. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです