メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「有楽町スバル座」閉館 昭和を感じる映画館 惜しむファンが列

最終日の入場券を求めて列をつくる映画ファンたち=東京都千代田区の「有楽町スバル座」で2019年10月20日午前8時9分、井上知大撮影

 終戦の翌年から日本有数の歴史を誇る東京・有楽町の映画館「有楽町スバル座」が20日、閉館した。「昭和を感じる映画館」として親しまれてきた同館の最後の上映を目に焼き付けようと、早朝から100人以上が行列をつくって入場券を求め、名残を惜しんだ。

 1946年の大みそか、同館の前身「丸の内スバル座」が「日本初の洋画ロードショー劇場」としてオープン。戦時中禁じられていた外国映画などを上映し、娯楽に飢える庶民から人気を得た。丸の内スバル座は53年に火災…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  4. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

  5. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです