メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

即位の礼 22日、皇居・宮殿で

東京駅側上空から見た皇居。手前は宮殿=2019年4月16日、本社ヘリから

 天皇陛下が即位を国内外に宣言される国事行為の儀式「即位礼正殿(せいでん)の儀」が22日午後1時から、皇居・宮殿で行われる。海外の国王や元首、各界の代表ら約2000人が参列するなか、陛下が宮殿の「松の間」に置かれた高御座(たかみくら)に登壇し、おことばを述べる。その後、安倍晋三首相が「寿詞(よごと)」と呼ばれる祝辞を読み上げる。

 陛下は、天皇専用の束帯「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」、皇后雅子さまは十二単(ひとえ)姿で臨む。安倍首相の発声で参列者が万歳を三唱し、儀式は約30分で終了する予定。公務から退いた上皇ご夫妻は参列しない。

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文436文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 石破派、動揺続き「無政府状態」 会長辞任1週間 突然の例会中止 他派閥は引き抜き工作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです