メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

即位の礼 警護官も「オールジャパン」で 精鋭集まる警視庁SPに応援

外国要人の警護訓練をする広島県警の福原健司警部(左)と埼玉県警の北爪頼政警部=東京都港区の迎賓館で2019年10月9日午前10時49分、根岸基弘撮影

 天皇陛下が即位を内外に宣言される「即位礼正殿の儀」に出席する200カ国近い海外要人の警護を担う警視庁に、全国の警察から応援の特別派遣部隊が集まっている。多くのSP(セキュリティーポリス)を抱える同庁警護課が警護官の応援を受けるのは初めてで、「オールジャパン」での警護に臨む。

 札幌、仙台、愛媛、なにわ――。今月9日、全国各地のナンバープレートを付けたパトカーや黒色の警護車100台前後が迎賓館(東京都港区)に集まった。要人の送迎を想定した訓練で、数台ごとに列を作って走り、ハンドルを握った警護官らが周辺を警戒しながら次々と正門から入っていく。広島県警から派遣された福原健司警部(41)は「都内は道路事情が複雑で交通量が多く、行き先も多岐にわたる。地…

この記事は有料記事です。

残り489文字(全文814文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良・興福寺 ドイツ出身の僧侶が難行「竪義」合格 口頭試問の解答は全て漢文

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです