メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

緊張高まる宮内庁、警視庁 いよいよ22日に即位の礼 雨が心配 

東京駅側上空から見た皇居。手前は宮殿=2019年4月16日、本社ヘリから

 皇居・宮殿で22日に行われる「即位礼正殿(せいでん)の儀」を控え、宮内庁などによる準備が進む一方、関係者が当日の天気に気をもんでいる。雨天の場合は儀式の進め方を変更することになるためだ。

 気象庁の20日午後5時の予報によると、東京地方の22日の天気は雨時々くもりで、降水確率は90%。正殿の儀では、陛下が即位を宣言するおことばを述べられる宮殿「松の間」正面の中庭には、古式にのっとり、伝統的装束を着て武具を持つなどした宮内庁職員ら78人が並ぶ。26本の「旛(ばん)」(のぼり)も立ち…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  2. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  3. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 軽量タイヤホイール 熱可塑性カーボンで従来の半分 赤磐の板金加工会社が開発 数年後の量産化へ /岡山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです