メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

二転三転した情報 なぜ相模川沿岸住民は緊急放流に振り回されたのか

 記録的な大雨をもたらした台風19号が上陸した12日、城山ダム(相模原市緑区)を管理する神奈川県が流入量と同じ量を下流の相模川に流す緊急放流に追い込まれた。懸念された川の氾濫は起きなかったものの、県が発表する放流予定時間が二転三転したり、川の水位が急上昇する誤った水位予測が示されたりして、流域自治体の現場は混乱した。情報の伝達や共有のあり方が問われそうだ。【樋口淳也、木下翔太郎、松本惇】

この記事は有料記事です。

残り2706文字(全文2901文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  4. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです