メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

「寝起きのジュリー」25年、桂三若さん、22日に東京・町屋で独演会

桂三若さん=東京都新宿区で2019年10月、油井雅和撮影

 東京・町屋は、今では少なくなった下町の雰囲気が残る街。東京メトロ千代田線、京成線、そして都電荒川線が交差し、都心からも便利で、そしてなにより飲み屋も多い。

 そんな「東京の中の東京」で、休日だが即位パレードが延期になった22日午後、三遊亭好楽さんをゲストに招き25周年記念の落語会を開くのは桂三若(さんじゃく)さん。師匠は桂文枝さんで、若い頃はよく「寝起きのジュリーです」で笑いを取った。東京に拠点を移して5年になる。三若さんに聞いた。【油井雅和】

 ――1994(平成6)年入門組は上方では多いですね。

この記事は有料記事です。

残り1839文字(全文2090文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  3. 神奈川県庁サーバーに使用のハードディスク転売 納税記録など流出

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです