メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プリンセス駅伝、積水化学が優勝 九電工2位、三井住友海上が3位

【2019プリンセス駅伝】1位でフィニッシュする積水化学のアンカー、森智香子=福岡県宗像市で2019年10月20日午後2時29分、上入来尚撮影

[PR]

 第39回全日本実業団対抗女子駅伝(11月24日、宮城県)の予選会「第5回プリンセス駅伝in宗像・福津」(毎日新聞社共催)は20日、福岡県宗像(むなかた)市の宗像ユリックスを発着点とする6区間42・195キロのコースで28チームが出場して行われ、積水化学が2時間19分36秒で優勝した。九電工が16秒差で2位、三井住友海上が3位に入った。

 14位までが全日本大会の出場権を獲得した。7位の日立は3年ぶり、14位のユニクロは4年ぶりに全日本大会への出場を決めた。(記録は速報値)

 順位は以下の通り。

(1)積水化学

(2)九電工

(3)三井住友海上

(4)第一生命グループ

(5)ルートインホテルズ

(6)京セラ

(7)日立

(8)大塚製薬

(9)エディオン

(10)ユニバーサルエンターテインメント

(11)資生堂

(12)肥後銀行

(13)スターツ

(14)ユニクロ

=以上全日本大会出場

(15)鹿児島銀行(16)キヤノンAC九州(17)シスメックス(18)しまむら(19)ホクレン(20)ノーリツ(21)愛媛銀行(22)埼玉医科大学グループ(23)宮崎銀行(24)十八銀行(25)小島プレス(26)メモリード(27)愛知電機(28)ラフィネグループ

 ▽前回全日本大会8位以内のシードチーム

=パナソニック、天満屋、ダイハツ、ヤマダ電機、ワコール、豊田自動織機、日本郵政グループ、デンソー

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

  3. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  4. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです