メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南アで生まれ、鍛えられたラグビーWTB松島 ゆかりの国への挑戦心

【日本-南アフリカ】試合前に練習する松島=東京・味の素スタジアムで2019年10月20日、長谷川直亮撮影

 グラウンドを疾走する度に、スタジアムは熱狂の渦に包まれる。ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、日本は20日、東京・味の素スタジアムで行われた準々決勝で南アフリカに敗れた。南アフリカで生まれ、現地のクラブで馬力とスピードを磨いた日本のWTB松島幸太朗選手(26)=サントリー=は、「挑戦心」を胸に縁深いチームにぶつかった。トライこそ奪えなかったが、鋭いステップと体を張ったタックルでチームに活力を与えた。

 南アフリカのプレトリアで、ジンバブエ人の父ロドリックさん(故人)と母多恵子さんの間に生まれた松島選…

この記事は有料記事です。

残り1012文字(全文1268文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  2. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  3. 「僕はいじめられっ子」被害訴える文章、教諭が教室内に掲示 日光市教委が厳重注意

  4. 女の気持ち プライドを捨てて 兵庫県姫路市・朝見房子(主婦・77歳)

  5. 公園に88歳母、自宅に70歳娘の遺体 無理心中か 福岡・西区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです