メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔軟性と先見性「ラグビーを変えた」平尾誠二さんの命日に誓う挑戦 

【日本-南アフリカ】この日が命日となる平尾誠二さんの写真を掲げるファン=東京・味の素スタジアム前で2019年10月20日、藤井達也撮影

 日本ラグビー界にとって「10月20日」は特別な日である。2016年10月20日、日本代表の選手、監督として一時代を築いた「ミスター・ラグビー」、平尾誠二さんが53歳で急逝した。それから3年。W杯で初の決勝トーナメントに進んだ日本は、平尾さんの命日に、優勝候補の南アフリカに挑んだ。

平尾氏が復帰支えたFB先発・山中

 日本代表の選手、スタッフは平尾さんとの縁が深い。現在のメンバーで特に思い入れが強いのは、FBで先発に起用された山中(神戸製鋼)だ。早大卒業後に加入したトップリーグ・神戸製鋼で選手生命を救ってもらった恩があり、「平尾さんの命日で大事な試合。失うものはない。しっかりとチャレンジする」と決意を込めた。

 山中は誤って筋肉増強効果のある成分を摂取し、11年4月の検査でドーピング違反が判明。2年間の資格停…

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文962文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 10年前の強姦容疑で男逮捕 海外渡航で時効2カ月延び 神奈川県警

  5. インスリン使わぬ1型糖尿病治療法 名大グループが発見 臨床応用へNPO資金提供

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです