メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯 日本-南アフリカ戦 前半終え3-5で折り返す

【日本-南アフリカ】前半、日本の攻撃を止めようとする南アフリカのコルビ=東京・味の素スタジアムで2019年10月20日、喜屋武真之介撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、アジア勢初の8強入りを果たした日本(世界ランキング6位)は20日、東京・味の素スタジアムで準々決勝に臨み、優勝2回の南アフリカ(同4位)と対戦して前半を3―5で折り返した。

 日本は開始直後に先制トライを許したが、南アフリカがシンビン(10分間の一時的退出)で1人少ない時間帯にスクラムで反則を誘い、SO田村がペナルティーゴールを決め、3点を返した。その後は一進一退の攻防が続き、3―5で前半を終えた。

 日本―南アフリカ戦の勝者は27日午後6時から、横浜・日産スタジアムでウェールズ(同3位)と準決勝を戦う。(世界ランキングは19日現在。時間は速報値)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです