メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

前年棄権のエース岡本、1区で雪辱 三井住友が出場権 プリンセス駅伝

【2019プリンセス駅伝】3位でフィニッシュする三井住友海上のアンカー、古寺冴佳=福岡県宗像市で2019年10月20日、上入来尚撮影

 第39回全日本実業団対抗女子駅伝(11月24日、宮城県)の第5回予選会「プリンセス駅伝in宗像・福津」は20日、福岡県宗像市の宗像ユリックスを発着点とする6区間42・195キロのコースで行われ、全日本大会で最多7回優勝の三井住友海上が3位で全日本大会の出場権を獲得した。

 昨年、全日本大会の連続出場が24年で途切れた名門・三井住友海上が2年ぶりに本戦出場を決めた。前年の予選会の3区でトップを走りながら脱水症状で途中棄権をしたエース岡本が1区で踏ん張って雪辱を果たした。

 故障上がりで万全でなくエース区間3区を回避して1区起用となった岡本は「昨年の悔しさがある。トップと…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文621文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  3. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです