メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨人、守備乱れ大竹粘れず 名手失策、ピンチ拡大

【ソフトバンク-巨人】六回裏ソフトバンク2死三塁、打者柳田の場面でマウンドに集まる巨人の選手たち。中央奥は先発・メルセデス=ヤフオクドームで2019年10月20日、津村豊和撮影

○ソフトバンク6―3巨人●(日本シリーズ第2戦=20日・ヤフオクドーム)

 緊迫した投手戦の行方を決めたのは、巨人の守備の乱れだった。ともに無得点で迎えた七回、巨人は交代出場したばかりの三塁・山本の失策をきっかけにピンチが拡大。松田宣に3ランを打たれ、原監督は「エラーが投手の足を引っ張った」と嘆いた。

 この回、原監督は好投のメルセデスからベテランの大竹にスイッチ。今年はシュートを武器にレギュラーシーズン、CSファイナルステージを通じ、…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  2. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです