メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトバンク高橋礼、緩急自在の巧みな投球術 日本シリーズ第2戦

【ソフトバンク-巨人】七回表巨人2死一、三塁、阿部を内野ゴロに仕留めたソフトバンクの先発・高橋礼=ヤフオクドームで2019年10月20日、津村豊和撮影

○ソフトバンク6―3巨人●(日本シリーズ第2戦=20日・ヤフオクドーム)

 まさに緩急自在。ソフトバンクの右下手投げの高橋礼が巧みな投球術で、巨人打線を七回2死で相手4番の岡本に左前打を許すまで無安打無得点の快投。日本シリーズ初先発ながら、終わってみれば、7回1安打、無得点に抑えて「緊張したが、楽しむことができた」と笑みを浮かべながら振り返った。

 二回、岡本に対し、「サブマリン」独特の下から浮き上がる直球を5球続け、最後は122キロのスライダー…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文527文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  3. 長男殺害の元農水次官「かわいそうな人生を送らせた」被告人質問で涙

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 2019年ヒット商品ベスト30 1位は女性も着る作業着「ワークマン」 2位は「タピオカ」 3位は「PayPay」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです