メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

国際 災害情報 外国人にアプリで発信

津波の避難方法をイラストと英語で紹介するアプリ

[PR]

田中洋之たなかひろゆき 毎日新聞まいにちしんぶん 編集委員へんしゅういいん

 日本にっぽん世界せかい有数ゆうすう自然災害しぜんさいがい大国たいこくです。最近さいきん台風たいふう15ごう、19ごうによる強風きょうふう豪雨ごううおおきな被害ひがいました。

     災害さいがい影響えいきょうけるのは日本人にっぽんじんばかりではありません。日本にっぽんおとずれた外国人観光客がいこくじんかんこうきゃくが、地震じしん台風たいふう空港くうこう閉鎖へいさされたり、交通機関こうつうきかんがストップしたりするトラブルにまれることもあります。言葉ことばつうじない異国いこくでの災害さいがい経験けいけんは、さぞかし不安ふあんなことでしょう。

     こうしたなか、複数ふくすう言語げんごでの災害さいがい情報じょうほう発信はっしんするスマートフォンようのアプリ「Safetyセーフティー tipsチップス」が注目ちゅうもくされています。外国人がいこくじん安心あんしんして日本国内にほんこくない旅行りょこうできるようにと観光かんこうちょうが5ねんまえ提供ていきょうはじめました。地震じしん津波つなみ噴火ふんかなどの気象情報きしょうじょうほうをリアルタイムで通知つうちするほか、外国人がいこくじんれる病院びょういん各国かっこく大使館たいしかんのリストなど緊急時きんきゅうじ必要ひつよう情報じょうほう入手にゅうしゅできるよう工夫くふうされています。

     アプリの機能きのうきんねん外国人がいこくじんのニーズをれて向上こうじょうしています。たとえば「事前じぜん学習がくしゅう」では、気象警報きしょうけいほう説明せつめいや「地震じしん発生はっせいしたらつくえしたかくす」などの対応たいおうをイラストきで紹介しょうかい。また、「コミュニケーションカード」を使つかえば、「避難所ひなんじょはどこですか」「ものはどこでえますか」などの質問しつもん多言語たげんご画面がめん表示ひょうじされ、まわりのひとから情報じょうほうることができます。

     対応たいおうする言語げんごは、これまで日本語にほんご英語えいご中国語ちゅうごくご韓国語かんこくごの4か国語こくごでしたが、先月せんげつからスペイン、ポルトガル、タイ、インドネシアなどが追加ついかされ、11か国語こくごになりました。らいねんなつ東京とうきょうオリンピックにけて、かく競技きょうぎ会場かいじょうあつさにかんする情報じょうほう方針ほうしんです。

     このほか日本政府観光局にっぽんせいふかんこうきょくがツイッターの公式こうしきアカウントで英語えいご災害さいがい情報じょうほう発信はっしんし、今月こんげつからは中国ちゅうごくばんツイッター「微博ウェイボー」の活用かつようはじめました。災害時さいがいじ信頼しんらいできる情報じょうほう提供ていきょうするみは、「おもてなし」のひとつといえそうです。


     通算つうさん年半ねんはんにわたりモスクワ特派員とくはいんをつとめ、ユーラシア大陸たいりく各地かくち取材しゅざいした。ロシアがんだキャラクター「チェブラーシカ」をこよなくあいする。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

    2. 沢尻エリカ容疑者逮捕にNHK放送総局長「遺憾」「反社会的行為は容認できない」

    3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

    4. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

    5. 社会 札響コンサートマスター大平さんALS告白、退団へ 被災者支援に尽力

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです