メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

“アングラの女王”李麗仙、脳梗塞患い闘病 大鶴義丹の母(スポニチ)

[PR]

 女優の李麗仙(り・れいせん、77)が脳梗塞を患い闘病していることが19日、分かった。演劇関係者によると「昨年発症したようだ」という。

 李は昨年10月に東京・青山の銕仙会能楽堂で主演舞台「隅田川」を予定していたが、体調不良を理由に公演を中止していた。1967年に俳優の唐十郎(79)と結婚し、68年に長男で俳優の大鶴義丹(51)を出産。88年に離婚した。

 “アングラの女王”の異名を持ち舞台、映画、ドラマとマルチに活躍している。17年には自身が企画した舞台「六条御息所」に脚本・出演として関わっていた。(スポニチ)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビルから鉄パイプが落下 通行人の男性重体 和歌山

  2. 「会社ってごみや」パワハラ自殺男性、両親にメール トヨタ側は当初「責任ない」

  3. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  4. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

  5. 鉄パイプ 工事現場で落下 歩行者頭に刺さり重体 六本木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです