メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯2019

日本、南アに敗れ終幕 誇りを持って戦えた

W杯準々決勝での敗退から一夜明け、記者会見後に笑顔で写真撮影に応じるラグビー日本代表の選手ら=東京都港区の明治記念館で2019年10月21日午前11時50分、宮間俊樹撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で初の8強入りを果たした日本代表が、優勝候補の南アフリカに敗れた準々決勝から一夜明けた21日、東京都内で記者会見し、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC、49歳)やリーチ・マイケル主将(31)ら全31選手が出席した。ジョセフHCは「チームを多くの人がサポートしてきたから大きな成果を得られた。誇りを持って戦えた」と話し、リーチ主将は「キャプテンであることを誇りに思う。ジェイミーと選手でワンチームを作り上げ、ベスト8を達成できた」と語った。

 日本は1次リーグで、強豪のアイルランドから歴史的な勝利を挙げ、8強常連のスコットランドも破り、4戦…

この記事は有料記事です。

残り1080文字(全文1373文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  2. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです