メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

LIVE・この場所から ランナーの聖地・皇居 誰でも自由に走っていい

皇居周辺を周回するランナー=東京都千代田区で2019年10月9日、大西岳彦撮影

 東京都千代田区の皇居のお堀沿いを走るコースはランナーの「聖地」。東京五輪のマラソンコース変更問題が波紋を広げているが、騒動をよそに、ランナーたちは今日も皇居を走り続ける。人はなぜ、皇居ランに夢中なのか、「聖地」を駆けて聞いてみた。【鈴木梢】

 皇居は1周5キロで適度な起伏もあり、飽きない。信号機はなく、足を止めずに走れる爽快感がある。反時計回りに走るのが暗黙のルール。皇居南側の桜田門を起点とするランナーが多い。緑が多く、水辺にいやされる。春は桜、夏が終わる頃は彼岸花が目を楽しませてくれる。

 土曜の5日、秋晴れ。地下鉄竹橋駅周辺のコース上に立っていると、ランナーがどっと繰り出してきた。午後…

この記事は有料記事です。

残り2345文字(全文2642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです