メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

台風一過の釜石で=永山悦子

大きな大漁旗が約100本も並ぶ景色は壮観だった=岩手県釜石市の釜石鵜住居復興スタジアム前で2019年10月13日、永山悦子撮影

 目が覚めると、台風19号による一晩中吹き荒れた暴風がやみ、夜が明け始めていた。慌てて見たスマホで、その日予定されていたラグビー・ワールドカップ(W杯)の岩手県釜石市での試合中止を知った。ため息が出た。

 東日本大震災後、何度も三陸を取材や旅行で訪れた。そこで実現するW杯という大舞台。「ぜひ一緒に応援したい」と思った。スタジアムの名前(釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアム)にあるように、街の復興の様子も気になっていた。

 だから、試合はなくても、釜石市を目指した。昼前にスタジアムへ着くと、そこにはたくさんの大漁旗があっ…

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです