メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア文学への招待

『三体』劉慈欣さん 中国の発展あっての大ヒット

著書『三体』について語る劉慈欣さん=東京都千代田区で2019年10月11日午後10時12分、須藤唯哉撮影

 中国で大ヒットし、7月に日本で刊行された『三体』(早川書房)が、海外のSF小説としては異例のベストセラーとなっている。電子版も含めた発行部数は既に13万部を記録。中国では全3部作のシリーズ累計発行部数が2100万部に達し、『三体』はその第1部だ。「これは序文に過ぎない」。来日した著者の劉(りゅう)慈欣(じきん)さんに話を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1356文字(全文1522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 京都選挙区、立憲新人の増原氏が落選

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです