メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大衆音楽月評

浪曲+オペラ 原田悠里の挑戦=専門編集委員・川崎浩

 季節感がなくなったとはいえ、やはり秋は芸能のシーズン。たくさんのコンサートが行われた。未来を占う東京でのステージを紹介する。

 9月9日に東京・渋谷のNHKホールで、「演歌フェス2019」。五木ひろし、小林幸子、石川さゆりといった大御所から水雲―MIZMO―やみちのく娘!ら若手の注目株まで約40人の演歌歌手が勢ぞろいして、歌唱力が際立つ歌謡ショーを繰り広げた。NHKとしては、夏の「思い出のメロディー」がパワーダウンし、冬の「紅白」がバラエティー化して、メインターゲットである高齢者が局離れを起こすおそれがあるのを懸念しての秘策と考えられる。だが、予想以上の面白さで、3回に分けて放送されたテレビ番組の評判も高かった。氷川きよし、島津亜矢といったジャンルを超えた人気者の台頭が演歌のイメージを大きく変えている証拠であろう。

 その島津亜矢は、9月26日、東京オペラシティで、洋邦・ジャンル問わぬカバー曲コンサートを開催。マイ…

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文1006文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

  4. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  5. 仮面ライダー 大人向け変身ベルト「CSM」イベント スチーム噴射、モーションセンサー搭載 “未来のベルト”も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです