歌舞伎 芸術祭十月大歌舞伎 菊五郎、色気と俠気の粋=評・小玉祥子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 一番の見ものは、昼の最後「お祭佐七」。鳶(とび)職の佐七(菊五郎)がだまされて恋人で芸者の小糸(時蔵)をあやめる。それだけの話なのだが、菊五郎の佐七が粋で魅力的だ。小糸とじゃれあう際の色気、小糸に言い寄る伴平(團蔵)相手に見せる俠気(きょうき)。小糸の書き置きをあんどんで見て真相を知る場面では、感情の変化を鮮やかに見せた。せりふの緩急が利いて形がいい。技術だけでは出せない味だ。時蔵は視線ひとつにも佐七にほれぬいた気持ちが表れ、最後の哀れさにつながる。橘三郎が養母おてつを憎らしく見せた。祭りの趣向で踊る「道行」の勘平(寺嶋眞秀)とお軽(亀三郎)が愛らしく、橘太郎の伴内がうまい。

 序幕が扇雀の傾城(けいせい)、巳之助の太鼓持、梅枝の新造による華やかな「廓三番叟(くるわさんばそう)」。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文854文字)

あわせて読みたい

注目の特集