メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本気の熱量、ハードルも高く 桂かい枝、25周年独演会 28日、大阪・ABCホール

ABCホールで独演会を開く桂かい枝=神戸市兵庫区で、平川義之撮影

 芸歴25周年を迎えた落語家の桂かい枝が、28日、記念の独演会をABCホール(大阪市福島区)で開く。節目の年に「本気の熱量を見せる会にしたい」と、やり慣れていない演目をあえて並べた。サブタイトルは「家族のカタチ――春・夏・冬」。親子、夫婦、兄弟、それぞれの関係が描かれた3席を演じる。

 「春」は「屁臭最中(へくさのさいちゅう)」。題名だけが残り、内容がわからなくなった古い噺(はなし)を復活させる「古墳落語」の取り組みから生まれた一席で、落語作家の小佐田定雄が書いた。タイトルとはうらはらに、大坂・船場のいとさんの可愛らしい恋物語だ。「…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  3. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  4. ORICON NEWS 優香、第1子を妊娠 来年春に出産予定 青木崇高がパパに

  5. 香港理工大、事実上制圧状態に 拘束5000人 米民主化支援法案歓迎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです