メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 拍子木の音が響き渡ると競技場は水を打ったように静まりかえった。すぐに勇壮な和太鼓の演奏が始まり、国旗を先頭に屈強な男たちがピッチに現れた。各地で熱戦が続くラグビー・ワールドカップ(W杯)の選手入場の演出だ。競技場で実際に見て胸が躍った。

 W杯組織委員会によると、選手入場のパフォーマンスは大会ごとに異なり、今大会は「日本らしさ」を示すため和太鼓を採用。福岡…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 阪神間拠点の半グレ10人、車で知人はねバールで?刺す 殺人未遂容疑などで逮捕

  4. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  5. 漫画喫茶刺殺 検察「紙めくる音にいらだち殺害」 被告側は責任能力の有無争う 名地裁初公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです