メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 拍子木の音が響き渡ると競技場は水を打ったように静まりかえった。すぐに勇壮な和太鼓の演奏が始まり、国旗を先頭に屈強な男たちがピッチに現れた。各地で熱戦が続くラグビー・ワールドカップ(W杯)の選手入場の演出だ。競技場で実際に見て胸が躍った。

 W杯組織委員会によると、選手入場のパフォーマンスは大会ごとに異なり、今大会は「日本らしさ」を示すため和太鼓を採用。福岡…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  3. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  4. ORICON NEWS 優香、第1子を妊娠 来年春に出産予定 青木崇高がパパに

  5. 東京五輪、空手マットを1円落札 組織委、金額伏せる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです