メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真雑記帳

岩の上の小さな灯台 /北海道

江戸時代に作られた灯台「定灯篭」のレプリカ。今も夜になると海岸線で光を放つ=北海道せたな町で2019年10月2日、貝塚太一撮影

 北海道で江戸時代に灯台の役割を果たした定灯篭(じょうとうろう)が、せたな町大成区にある。海岸線を見てもイメージする灯台は見当たらない。しかし、海岸線に建つ太田神社の拝殿脇に高さ1・2メートル、最大幅73・5センチの小さな灯台が岩の上に置かれ、日本海に沈む夕日を浴びて、独特のシルエットを浮かび上がらせていた。

 現在のものは1988年に設置された青銅製のレプリカ。函館市中央図書館所蔵の西蝦夷図誌(1863年作成)には定灯篭が描かれており、台座に刻まれた文字から1857(安政4)年に設置されたと判明した。道内初の灯台ともいえる。当時は地元の人たちが毎晩交代で魚油で明かりをともし、光は約1・5キロ先まで届いたという。

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文435文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです