メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 土砂流出で被害拡大 /岩手

山津波で土台がえぐられ、傾いた住宅=岩手県宮古市白浜で

[PR]

住宅から泥をかき出す作業を手伝うボランティアら=岩手県普代村で

 台風19号による県内の被害は、記録的な降水量に山からの土砂流出が加わって拡大した。大雨から一夜明けた20日には、各地でボランティアが復旧作業に汗を流した。

    「山津波」で住宅全半壊 宮古

     宮古市の重茂半島の宮古湾に臨む白浜地区では「山津波」と呼ばれる土石流が発生し、住宅が全壊するなどの被害が出ている。

     白浜地区は民家62世帯が浜から山の中腹付近まで散在。集落にある白浜沢を土石流が下り、土砂が民家に流れ込んだ。

     被害は沢の上の「1番組」と呼ばれる地区に特に集中。住民によると13戸ある住宅のうち、5戸が全半壊した。石と泥を巻き込んだ雨水が地元の住民の言う「山津波」となって集落をのみ込んだ。壊れて形をとどめない民家や、土台をえぐられて傾いた住宅など惨状があちこちに見られ、沢には柱やトタン屋根、畳や衣類などが散らばっていた。

     白浜自治会長を1月まで17年務めた下川信義さん(77)は「90歳を超える近くのおばあさんが話すには、白浜で昔、大きな山津波に見舞われたことがあり、海からの津波共々恐れていた」と声を震わせた。

     この日は宮古高校野球部の生徒らボランティアが、自衛隊員と共に側溝の泥をかき出した。東日本大震災後に完成したコンブの乾燥施設も泥に覆われ、漁師家族らがスコップで

    泥かきをしていた。【鬼山親芳】

    住民「これほどとは」 ボランティアが復旧支援 普代

     台風の降水量が467ミリと県内最多だった普代村は、浸水と土砂流出による被害に悩まされている。家屋には雨水だけでなく山からの沢水も流れ込んだ。同村社会福祉協議会会長の宇部由明さん(66)は「生まれてからずっと住んでいるが、これほどの被害は初めて」と頭を抱える。

     県のまとめによると、20日現在で床上・床下浸水は計126棟に及ぶ。3年前に県内で大きな被害を出した台風10号災害では普代川が氾濫したが、「フーズショップカネショウ」を営む深渡久美子さん(49)は「氾濫の影響が少なかった3年前とは違い、山から土砂が流れてきた」と話す。店内は50センチ浸水し、棚下の在庫や冷蔵庫が倒れた。商品数百点が水にぬれたり泥をかぶったりした。被害は60万円ほどになるという。15日に営業を再開したが、土砂で車が通れず、歩いて配達している。

     20日は県内外から約100人のボランティアが訪れ、浸水した住宅から泥や家具を運び出した。野田村からは消防団約50人が駆け付けた。近藤健二さん(63)は「東日本大震災で普代村消防団が行方不明者捜索の手伝いをしてくれた。その恩返しにきた」と話す。

     昨年春まで普代小で教員を務めた埼玉県秩父市の男性(29)は「3年前を思い出し、心配で来た。高齢者が多い地域なので、もっと多くのボランティアが集まってほしい」と訴えた。【山田豊】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 本当に空いてなかった? 桜を見る会名簿廃棄「5月9日のシュレッダーの怪」を追う

    2. 「イクラのグラスツリー」お目見え 北海道・千歳の水族館

    3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

    4. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

    5. 「桜を見る会」の飲食物提供を毎年受注 ジェーシー・コムサはどんな会社なのか

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです