メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 啄木ゆかりの柳倒れる 盛岡城跡公園・鶴ケ池の2本 市民「寂しい」 /岩手

2本の大きな柳が倒れた鶴ケ池=盛岡市内丸で

[PR]

勤務先の東京・銀座から寄贈

 台風19号は盛岡市の中心部にも爪痕を残している。同市内丸の盛岡城跡公園内にある鶴ケ池の柳2本が倒木した。13日未明から朝にかけて、倒れたとみられる。

     この柳は「銀座の柳三世」と呼ばれる。盛岡出身の歌人・石川啄木が東京・銀座にあった新聞社に勤務していた縁で、2002年に銀座の商店会から盛岡市長に寄贈された。

     池を囲むように斜面に植えられている2本が、根元から折れて池に横たわっている。市公園みどり課によると、15日現在で同公園を含めて市内9カ所の公園で倒木が報告されている。柳の撤去には2~3週間かかる見込みという。

     鶴ケ池の向かいで営業する飲食店の店主、高橋奈々子さん(40)は「建物に向かって倒れなくて良かったが、シンボルツリーなので無くなるのは寂しい」と話した。【鹿糠亜裕美】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

    2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

    3. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

    4. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

    5. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです