メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

県予選 仙台育英が花園切符 仙台三の猛攻退ける 24年連続出場 /宮城

【仙台育英-仙台三】後半31分、仙台育英のSH竹森彩仁選手(2年)が右中間にトライを決める=仙台市泉区のユアテックスタジアム仙台で

 第99回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会など主催)の県予選決勝が20日、仙台市泉区のユアテックスタジアム仙台で行われ、仙台育英が仙台三を31―3で破り、24年連続26回目の花園出場を決めた。仙台育英は12月27日に東大阪市花園ラグビー場で開幕する全国大会に出場する。仙台育英が仙台三の攻撃をはねのけ、2年連続同一カードの決勝を制した。序盤から仙台三が攻勢を仕掛ける中、前半16分にHO郷家一晟選手(2年)が、同29分にはWTB森岡悠太選手(3年)がトライを決めた。後半は仙台育英が主導権を握り、後半14分にCTB竹内陸人選手(3年)がトライを決めると、同24分に森岡選手、同31分に途中出場のSH竹森彩仁選手(2年)も続き、突き放した。

 県予選24連覇の絶対王者ながら前半に仙台三の猛攻を許した展開に、丹野博太監督は「ミスが多かった。花…

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文1131文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです