メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19記者リポート

恐竜博物館 リニューアル構想の今 /福井

恐竜の骨格模型を前に、研究員の解説を聴く来場者たち=勝山市の県立恐竜博物館で、大森治幸撮影

 来年で開館20年を迎える県立恐竜博物館(勝山市)のリニューアルに向けた議論が進んでいる。恐竜に特化した博物館としては世界で三本の指に入るとされ、昨年度は過去最高の93・8万人が訪れた。これに伴い、手狭さも指摘されるようになったことから持ち上がったのが増改築の構想だ。目標は北陸新幹線の福井延伸と同じ年の2023年夏。「恐竜王国」の代名詞とも言える施設の現状と構想の今をリポートする。【大森治幸】

この記事は有料記事です。

残り942文字(全文1140文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  2. 川崎の駐車場で露出 公然わいせつ容疑で港区議逮捕 否認「右手で隠していた」

  3. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  4. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  5. ORICON NEWS 元アイドリング!!!の伊藤祐奈さん、巨人・北村拓己選手との結婚発表 第1子出産も報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです