メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

筑豊“舞台”に家族問う 映画「最初の晩餐」来月全国公開 田川出身・常盤監督PR /福岡

田川市役所で二場市長(右)に映画「最初の晩餐」のパンフレットを見せる常盤監督

 田川市出身の映画監督、常盤司郎さんが田川市役所に二場公人市長を訪ね、家族をテーマにした新作「最初の晩餐(ばんさん)」をPRした。実父の葬儀などの体験を生かしてオリジナル脚本も担当。架空のまちを舞台にしながらも、セリフに筑豊弁を交え「家族と同じで愛憎のある故郷・筑豊」をイメージして撮影した。来月1日、全国で封切られる。【峰下喜之】

 常盤監督は1992年3月に県立田川高校を卒業して上京。専門学校を経てCMやミュージックビデオ、短編…

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです