メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京パラ機に共生社会 ホストタウン集い確認 飯塚市 /福岡

サミットに参加した橋本聖子五輪担当相(前列右から4人目)や首長ら

 2020年東京パラリンピックを契機に障壁のないまちを目指す「共生社会ホストタウンサミット」が20日、飯塚市内のホテルで開かれた。海外の選手と交流する全国30のタウン登録自治体が参加。講演とパネルディスカッションで共生社会実現へ「排除せず、誰もが訪れやすい街づくり」を確認した。

 サミット開催は2月の山口県宇部市に続き2回目。県内か…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文416文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです