メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

正倉院の仮面とイラン=山田孝男

 先月、ニューヨークで行われた日米首脳会談で、トランプ米大統領が安倍晋三首相にこう言った――という報道があった。

 「日本のユニークな立場を生かしてイランとの関係を維持し、話し合いを続けてもらいたい」(産経新聞9月27日付)

 米大統領が日本のどんな立場をユニーク(独特)と見ているのか不明だが、先週、上野の東京国立博物館で始まった御即位記念特別展「正倉院の世界/皇室がまもり伝えた美」(11月24日まで)は、古代の日本に伝わったペルシャ(現在のイラン)由来の品々をいくつも展示している。

この記事は有料記事です。

残り1166文字(全文1408文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  5. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです