メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

台風19号 神奈川・城山ダムの緊急放流、混乱 「10時→9時半」直前前倒し

12日に緊急放流した城山ダム(手前)。相模川(奥)の流域自治体は、緊急放流の情報が二転三転したため、混乱した=相模原市緑区で20日、本社ヘリから宮本明登撮影

 記録的な大雨をもたらした台風19号が上陸した12日、城山ダム(相模原市緑区)を管理する神奈川県が流入量と同じ量を下流の相模川に流す緊急放流に追い込まれた。懸念された川の氾濫は起きなかったものの、県が発表する放流予定時間が二転三転したり、川の水位が急上昇する誤った水位予測が示されたりして、流域自治体の現場は混乱した。情報の伝達や共有のあり方が問われそうだ。【樋口淳也、木下翔太郎、松本惇】

 城山ダムは総貯水容量6230万立方メートル、常時満水位は標高124メートルとされる。上水道用水と工業用水の供給や発電事業の他、洪水調節機能を強化するために同県などが建設し、1965年に完成した。相模湾に流れ込む下流には平塚、茅ケ崎など8市町があり、流域には数十万人が暮らす。

この記事は有料記事です。

残り2401文字(全文2734文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです