メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

巨大IT規制で新会議 個人保護の基準を明確に

[PR]

 プラットフォーマーと呼ばれる巨大IT(情報技術)企業の規制に政府が本格的に乗り出した。

 関係する行政機関の長を集めた「デジタル市場競争会議」を内閣官房に新設した。縦割り行政を改め、デジタル時代に即した個人情報保護や競争ルールの整備を目指す。

 プラットフォーマーの代表格は、グーグルなど「GAFA」と呼ばれる米企業4社だ。検索や交流サイト(SNS)など便利なサービスを提供する一方、膨大な個人情報を集めている。

 個人のサイト閲覧履歴などを分析し、関心に合わせた広告を配信して利益を上げてきた。利用者は便利さを享受する半面、自分の個人情報が知らないうちに別の商売に使われていることに不安感を高めている。

 アマゾンなど通販のプラットフォーマーが、出店企業に一方的な契約変更を迫る問題も指摘されている。

 政府の会議は年内に個人情報保護法改正案やプラットフォーマーに取引透明化を求める法案をまとめる。

 目玉は独占禁止法の個人への適用だ。個人データを同意なく利用すれば「優越的地位の乱用」に当たると規定し、公正取引委員会が取り締まる。GAFAは従来のように広告配信できなくなる可能性もある。

 また、日本の楽天などを含むネット通販大手に、出店企業と結ぶ契約内容の開示を義務付ける。中小企業が不利にならないようにする。

 個人情報保護の強化では、利用者がデータの利用停止を企業に要請できる「使わせない権利」を保障する。

 ただ、個人情報保護の基準にはあいまいさが残る。公取委は閲覧履歴や位置情報も含めて想定する。一方、保護法を所管する内閣府の個人情報保護委員会は、技術革新への影響を懸念し保護範囲の拡大に慎重だ。

 欧州は厳格な個人情報保護規則を昨年、施行した。GAFAのお膝元の米カリフォルニア州も年明けから欧州並みの厳しい規制を導入する。

 欧州の規制は当初「ビジネスを阻害する」と懸念された。しかし、個人情報保護の基準が明確にされたことで企業は安心してデータを活用できるようになった面がある。

 日本も個人情報保護の基準を法律で明確にすべきだ。そうしなければ、データの活用も進まない。

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  2. 東京都、新たに130人以上感染 累計1000人超え 新型コロナ

  3. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  4. 「要請」なのに罰則? ドイツから帰国した研究者が日本の「水際対策」に感じた違和感

  5. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです