ナイルの恵み、取り合い 協議、行き詰まり エチオピア ダム電力、悲願/エジプト 流量求めて火花

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
エジプト南部アスワンを流れるナイル川=2017年、篠田航一撮影
エジプト南部アスワンを流れるナイル川=2017年、篠田航一撮影

 ナイル川の「水資源」を巡り、川の上流でダムを建設するエチオピアと、下流のエジプトの対立が続いている。ダムが完成してダム湖に水がたまり始めれば、下流に向かう水量が減り、エジプトが水不足に陥る懸念があるためだ。エジプト水資源・灌漑(かんがい)省は今月上旬、エチオピアとスーダンとの3カ国による協議が「合意に至らず、行き詰まっている」との声明を出し、国際社会に仲介を呼びかけた。【カイロ篠田航一】

 問題のダムは、スーダン国境でエチオピアが2010年に建設を始めた水力発電用の「大エチオピア・ルネサンスダム」。全長約1・8キロ、発電能力は6000メガワットに及ぶアフリカ最大のダムとなる予定で、22年ごろの操業を目指している。

この記事は有料記事です。

残り939文字(全文1249文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集