メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナイルの恵み、取り合い 協議、行き詰まり エチオピア ダム電力、悲願/エジプト 流量求めて火花

エジプト南部アスワンを流れるナイル川=2017年、篠田航一撮影

 ナイル川の「水資源」を巡り、川の上流でダムを建設するエチオピアと、下流のエジプトの対立が続いている。ダムが完成してダム湖に水がたまり始めれば、下流に向かう水量が減り、エジプトが水不足に陥る懸念があるためだ。エジプト水資源・灌漑(かんがい)省は今月上旬、エチオピアとスーダンとの3カ国による協議が「合意に至らず、行き詰まっている」との声明を出し、国際社会に仲介を呼びかけた。【カイロ篠田航一】

 問題のダムは、スーダン国境でエチオピアが2010年に建設を始めた水力発電用の「大エチオピア・ルネサ…

この記事は有料記事です。

残り1003文字(全文1249文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです