メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

認知症予防「回想法」セミナー 来月12日、東京都豊島区

[PR]

 <毎日新聞からのお知らせ>

     認知症の予防で注目されている「回想法」のポイントを学ぶセミナー「回想法からはじめる認知症予防」(主催・毎日新聞社、後援・公益財団法人認知症予防財団、協賛・日本郵便、協力・豊島区民社会福祉協議会)を11月12日、東京都豊島区で開催します。定員100人。参加無料です。

     認知症予防の第一人者、朝田隆・筑波大学名誉教授(認知症予防財団理事)の基調講演、脳の活性化に効果的な年賀状の書き方講座など、多彩なプログラムを実施します。

     自分史のもとを作成できる「思い出ノート」(毎日新聞社発行)を使ったワークショップも行います。参加者1人に2冊の「思い出ノート」をプレゼントします。奮ってご参加ください。

     <日時>11月12日(火)13時半~16時(13時開場)<会場>東京都豊島区南池袋2の22の1の第3高村ビル6階、TKP池袋カンファレンスセンター・ホール6A<プログラム>第1部=基調講演▽第2部=「思い出ノート」を書いてみよう▽第3部=「回想法」を使って年賀状を書いてみよう<応募方法>はがきかメールに(1)氏名(ふりがな)(2)郵便番号、住所(3)日中連絡がとれる電話番号(4)年齢(5)性別(6)職業(7)同伴者(2人まで)の氏名、年齢、性別――を記入し、お申し込みください。宛先は〒101―0064 東京都千代田区神田猿楽町2の2の7「回想法からはじめる認知症予防」事務局。メールは(oubo@omoide−nenga.com)。ともに11月6日(水)必着。応募者多数の場合は抽選し、当選者に参加証を送ります。

     <問い合わせ>事務局(03・3518・9755。土日祝日を除く10~18時)。

            ◇

     イベントの模様は後日、毎日新聞に掲載するほか、インターネットでの動画配信などを予定しています。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

    2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

    3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

    4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

    5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです