メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学びの過程、看護師の卵 仏映画、来月1日から

対談したニコラ・フィリベール監督(右)と河瀬直美監督=2019年10月10日、東京都新宿区内で

 パリ郊外の看護学校の日常を追った仏映画「人生、ただいま修行中」の上映が11月1日、東京の新宿武蔵野館を皮切りに各地で始まる。看護学生の成長する姿を見つめたドキュメンタリーだ。公開に先立ち、来日したニコラ・フィリベール監督(68)が都内で河瀬直美監督(50)とのトークイベントに臨んだ。

 河瀬監督が映画界に躍り出たのは1997年、カンヌ国際映画祭のカメラドール(新人監督賞)を27歳で受賞した時だ。受賞作は初の長編劇映画で過疎化が進む村を舞台にした「萌(もえ)の朱雀(すざく)」。その審査員の一人がフィリベール監…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです