メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校とわたし

体罰は戦争、志持つ契機に=ソーシャルワーカー・向谷地生良さん

ソーシャルワーカーの向谷地生良さん=下桐実雅子撮影

ソーシャルワーカー・向谷地生良(むかいやち・いくよし)さん

 北海道で1984年に精神障害を抱えた人たちが地域で共に働きながら暮らす拠点「浦河(うらかわ)べてるの家」を設立し、活動してきました。

 精神障害者やその家族が自身の生きづらさを研究対象として語る「当事者研究」を提唱、実践してきました。パニックを繰り返す患者さんの支援に行き詰まり、一緒にどん底を味わった時に出てきたものです。人生は思うようにいかないけれど、ぎりぎりまで追い詰められると反転する瞬間がある。振り返ると、それを学んだのが学校です。

 生まれたのは高度成長期が始まった55年。育った青森県七戸町は当時、馬車が自家用車に変わった時期でし…

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1084文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「バックアップデータは行政文書ではない」 桜を見る会名簿

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです