メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

ICT活用、授業支える黒衣 専門スキル持つ支援員

キーボード付きのタブレット型端末を使う児童たちの様子に気を配るICT支援員の浜崎薫さん=浜田山小で、千脇康平撮影

 <kyoiku no mado>

 タブレット型端末や電子黒板といった情報通信技術(ICT)機器を活用した授業の導入が学校で進む中、存在感を増しているのが専門的なスキルを持つ「ICT支援員」だ。どんな役割を担っているのか。その仕事現場をのぞいた。【千脇康平】

 ●教室内で気配り

 「あれっ?」。10月7日、東京都杉並区立浜田山小学校。1年生の国語の授業中、男児が首をかしげた。机のタブレット型端末に表示した写真絵本の画像が突然消えてしまったようだ。助けを求めて手を挙げたが、担任は他の児童に対応中。代わりにすっと近づいたのはICT支援員の浜崎薫さん(54)。男児の脇にしゃがみ、「ここ押してごらん」と画面の一角を示す。男児が言われた通りに人さし指で触れると、元の画像が表れた。

 杉並区はICTを活用した教育に力を入れており、2010年度から通信教育大手「ベネッセコーポレーショ…

この記事は有料記事です。

残り1482文字(全文1869文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです