メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯2019

決勝トーナメント 勇敢、桜の戦士たち ワンチーム貫いた(その2止)

【日本-南アフリカ】後半、南アフリカにモールで攻め込まれる日本のリーチ(上右)ら。この後、トライを許す=藤井達也撮影

精密スクラム不発 堀江「レベル違った」

 日本の躍進を支えてきたスクラムは、強力なFW陣を要する南アフリカの圧力に屈した。追いかける展開の後半に反則を重ねて流れを引き寄せられず、フッカー堀江は「レベルの違いが見えた」と完敗を認めた。1次リーグで見せたアイルランドやスコットランドを相手にスクラムで反則を誘い、攻撃を加速させる戦いはできなかった。

 5点リードを許して迎えた後半8分。日本は自陣でのマイボールスクラムから反則をし、南アフリカにPGを…

この記事は有料記事です。

残り1833文字(全文2054文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  3. 「ふたご座流星群」見えるかな 14~15日が見ごろ、太平洋側は好天

  4. 「妻子3人の死亡は出勤前」法医学者証言 元巡査部長は「出勤時寝ていた」 福岡地裁公判

  5. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです