メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和・即位の礼

SPもオールジャパン 普段は指導役、警視庁に応援

外国要人の警護訓練をする広島県警の福原健司警部(左)と埼玉県警の北爪頼政警部=東京都港区の迎賓館で9日、根岸基弘撮影

 天皇陛下が即位を内外に宣言される22日の「即位礼正殿(せいでん)の儀」に出席する200カ国近い海外要人の警護を担う警視庁に、全国の警察から応援の特別派遣部隊が集まっている。多くのSP(セキュリティーポリス)を抱える同庁警護課が警護官の応援を受けるのは初めてで、「オールジャパン」での警護に臨む。

 札幌、仙台、愛媛、なにわ――。今月9日、全国各地のナンバープレートを付けたパトカーや黒色の警護車100台前後が迎賓館(東京都港区)に集まった。要人の送迎を想定した訓練で、数台ごとに列を作って走り、ハンドルを握った警護官らが周辺を警…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. JR東海が初の赤字、1920億円予想 新幹線利用の激減響く

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです