特集

第46回社会人野球日本選手権

第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

第45回社会人野球日本選手権

東芝―王子(1回戦)

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

60秒で自動更新

  • ON
  • OFF

123456789
  東1000000001
  王30000002X5

101112131415161718
  




  




王子が東芝に逆転勝ち

 第45回社会人野球日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催、大阪市共催)は第4日の28日、京セラドーム大阪で1回戦3試合。第3試合は王子(愛知)が東芝(神奈川)に5-1で逆転勝ちした。

【写真特集】王子 vs 東芝

 第1試合はNTT東日本(東京)が伏木海陸運送(富山)に延長十回、4―3でサヨナラ勝ちした。NTT東日本は4強入りした第43回大会(2017年)以来2大会ぶりの初戦突破。第2試合は第42回大会(16年)優勝のヤマハ(静岡)が8―4でJR四国(香川)に逆転勝ちした。

王子・近藤、粘りの投球

 王子が接戦を制した。一回、横川の右前適時打と宝島の中越え2点二塁打で3点を挙げて逆転。八回にも2点を加えて勝負を決めた。先発・近藤は走者を背負いながらも、粘りの投球で切り抜けた。東芝は先頭が出た三、四回に後続が併殺打に終わるなど拙攻が響いた。

【東芝-王子】八回裏王子2死二、三塁、細川が中越え2点三塁打を放つ=京セラドーム大阪で2019年10月28日、猪飼健史撮影
【東芝-王子】八回裏王子2死二、三塁、細川が中越え2点三塁打を放つ=京セラドーム大阪で2019年10月28日、猪飼健史撮影
【東芝-王子】一回裏王子2死一、三塁、宝島が中越え2点二塁打を放つ=京セラドーム大阪で2019年10月28日、山田尚弘撮影
【東芝-王子】一回裏王子2死一、三塁、宝島が中越え2点二塁打を放つ=京セラドーム大阪で2019年10月28日、山田尚弘撮影
【東芝-王子】一回表東芝1死一、二塁、松本が右前適時打を放つ=京セラドーム大阪で2019年10月28日、山田尚弘撮影
【東芝-王子】一回表東芝1死一、二塁、松本が右前適時打を放つ=京セラドーム大阪で2019年10月28日、山田尚弘撮影
【東芝-王子】力投する東芝の先発・岡野=京セラドーム大阪で2019年10月28日、山田尚弘撮影
【東芝-王子】力投する東芝の先発・岡野=京セラドーム大阪で2019年10月28日、山田尚弘撮影
【東芝-王子】力投する王子の先発・近藤=京セラドーム大阪で2019年10月28日、山田尚弘撮影
【東芝-王子】力投する王子の先発・近藤=京セラドーム大阪で2019年10月28日、山田尚弘撮影

▽先発オーダー

【東】7小川、8長沢、3金子、4松本、D福山、5吉田、9石川、2柴原、6岡部

【王】3吉岡、6前田、4伊礼、7神鳥、5横川、D宝島、9勝田、8大杉、2細川

 

▽先発バッテリー

【東】岡野-柴原

【王】近藤-細川

あわせて読みたい

マイページでフォローする