メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

即位の礼「祝賀外交」スタート 首相、スーチー氏ら23人と会談

会談を前に握手を交わす安倍晋三首相(左)とミャンマーのアウンサンスーチー国家顧問兼外相=東京・元赤坂の迎賓館で2019年10月21日午前10時25分(代表撮影)

 安倍晋三首相は21日、天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に合わせて来日した各国首脳らとの祝賀外交をスタートさせた。東京・元赤坂の迎賓館でミャンマーのアウンサンスーチー国家顧問兼外相ら計23人と会談。25日まで「マラソン会談」を続ける。

 21日はモルディブのソリ大統領を皮切りに、ウクライナのゼレンスキー大統領、スペイン国王フェリペ6世らと会談。1人あたりの会談時間は10~30分程度と分刻みの日程となった。

 首相はスーチー氏との会談で、ミャンマー西部ラカイン州から隣国バングラデシュへ逃れた少数派イスラム教…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

  3. 中村哲さん、無言の帰国 妻、長女らがひつぎに花束 葬儀は11日、福岡市で

  4. 中村哲さん銃撃後「誰も生きていないな」武装集団4人前後、計画的犯行か

  5. 「アフガニスタンは、真の英雄を失った」 カブールなどで中村哲さん追悼集会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです