メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

セブン-イレブンのロゴマーク

[PR]

 セブン―イレブン・ジャパンは21日、これまで実験的に行ってきた時間短縮営業を本格的に開始し、一部店舗で24時間営業を終えると発表した。4月から時短営業を実験してきた8店舗が11月1日に時短営業に移行する。24時間営業のビジネスモデルを日本で確立したコンビニ最大手のセブンが時短営業に踏み切ることで、飲食業界や流通業界でも24時間営業の見直しが広がる可能性がある。

 人手不足が深刻化する中、コンビニ各社は営業時間の見直しを迫られており、ローソンやファミリーマートでも24時間営業をしない店舗が増えている。セブンは21日、時短営業を求めるフランチャイズチェーン(FC)加盟店向けのガイドラインを公表。東京都内で記者会見したセブンの永松文彦社長は「ニーズがあれば24時間営業が望ましいが、人手不足の中でやりたくてもできない店がある」と述べた。8店の店名や営業地域については明らかにしなかった。

 今年2月、大阪府内のセブンのFC加盟店店主が人手不足などを理由に時短営業を強行し、コンビニの24時間営業を巡る問題が社会問題化した。セブン本部が今夏に行ったアンケートでは、回答した約1万4500店のうち約15%に当たる約2200店が時短実験を「実施」または「検討中」と回答。9月末時点で約230店が実証実験に参加しており、今後も時短営業に切り替える店舗は増えるとみられる。【本橋敦子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです