メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号「山津波」で住宅への被害拡大 岩手・宮古

山津波で土台がえぐられ、傾いた住宅=岩手県宮古市白浜で

[PR]

 台風19号による岩手県内の被害は、記録的な降水量に山からの土砂流出が加わって拡大した。大雨から一夜明けた20日には、各地でボランティアが復旧作業に汗を流した。

 宮古市の重茂半島の宮古湾に臨む白浜地区では「山津波」と呼ばれる土石流が発生し、住宅が全壊するなどの被害が出ている。

 白浜地区は民家62世帯が浜から山の中腹付近まで散在。集落にある白浜沢を土石流が下り、土砂が民家に流れ込んだ。

 被害は沢の上の「1番組」と呼ばれる地区に特に集中。住民によると13戸ある住宅のうち、5戸が全半壊した。石と泥を巻き込んだ雨水が地元の住民の言う「山津波」となって集落をのみ込んだ。壊れて形をとどめない民家や、土台をえぐられて傾いた住宅など惨状があちこちに見られ、沢には柱やトタン屋根、畳や衣類などが散らばっていた。

 白浜自治会長を1月まで17年務めた下川信義さん(77)は「90歳を超える近くのおばあさんが話すには、白浜で昔、大きな山津波に見舞われたことがあり、海からの津波共々恐れていた」と声を震わせた。

 この日は宮古高校野球部の生徒らボランティアが、自衛隊員と共に側溝の泥をかき出した。東日本大震災後に完成したコンブの乾燥施設も泥に覆われ、漁師家族らがスコップで泥かきをしていた。【鬼山親芳】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  3. 元農水次官、長男殺害で懲役6年の実刑判決 東京地裁

  4. 長男殺害の元農水次官「かわいそうな人生を送らせた」被告人質問で涙

  5. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです