メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

JRが高校生のために用意した代行輸送バス=長野県小諸市の小諸駅前で2019年10月18日午前7時11分、坂根真理撮影

[PR]

 台風19号の大雨被害により鉄道各社の運休が相次いだことを巡り、JR東日本長野支社が、小海線を利用する高校生専用の代行輸送バスを運行した。高校側に連絡した以外は非公表でバスを用意した同支社は「列車が動かなくても大人は車で通勤できるが、高校生はそうはいかない。学校を休まずに通ってもらいたかった」と説明している。【坂根真理】

 18日朝。JR・しなの鉄道小諸駅(長野県小諸市)の前に到着した大型バス2台には、小海線沿線の高校に通う数人の高校生の姿しかなかった。一番乗りだった佐久平総合技術高(佐久市)2年の女子生徒(17)は「列車は止まっているけど、学校からバスがあることを教えてもらって来た。小海線が止まると、学校にもどこにも行けなくて困っていたので、ありがたい」と話した。

 JRで最も標高が高い地点を通ることで知られる小海線は、小淵沢(山梨県北杜市)と小諸を結び、沿線に岩村田高、野沢北高、野沢南高(以上、佐久市)、小海高(小海町)など多数の高校があるため、朝の列車は通学する高校生でいつも混雑している。

 だが、大雨の影響で線路の復旧作業が必要となり、12日から小諸―野辺山(南牧村)間で運転を見合わせた。18日に小諸―中込(佐久市)間で、20日には中込―小海(小海町)間で、それぞれ運転を再開した。通学の足に大きな影響が出ることを心配したJR長野支社は、自治体を通じて沿線の高校に代行バスを用意したことを通知。だが、JRのホームページでは「バスによる代行輸送は行いません」とアナウンスした。地域住民や観光客らもバスを利用すると、本来救済すべき高校生の乗車が困難になると判断したためだ。

 JR長野支社の担当者は「時間通りに走らないし、バスも毎日用意できるか不透明だったため、非公表にした。本当に困っている高校生のための限定的な措置として理解してもらえたら」と話した。

 同支社は飯山線でも学生専用の代行輸送バスを用意する方向で調整している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 和歌山の新図書館、来年4月オープンへ 1階にスタバ、蔦屋書店も

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. ORICON NEWS 池田エライザ、胸下ロングヘアで印象ガラリ 「幼く見える」「だれかわからへん」

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです