メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 浸水した床や床下、どうすれば?

浸水で泥をかぶった机や棚が並ぶ庁舎入り口=飯山市役所で2019年10月15日午前11時25分、菊池陽南子撮影

[PR]

清掃と乾燥、床上は消毒も

 Q 浸水した家の床や床下の掃除はどうしたらいいのですか。

 A 感染症予防のためには清掃と乾燥がいちばん重要です。

 床下は、土砂や汚泥などを取り除いた後、水で洗い流し、残った水分は雑巾などで吸い取り、換気してしっかり乾かします。

 床上は清掃に加えて消毒をします。汚れた床や壁、家具などは水で洗い流すか、雑巾などで水拭きします。食器類や調理器具は水洗いし、食器棚や冷蔵庫などは汚れをきれいに拭き取ります。

 消毒に使う薬剤はドラッグストアやホームセンターなどで購入できます。床や使える家具などは10%塩化ベンザルコニウム(逆性せっけん)を0・1%に薄め、雑巾に浸して拭きます。食器類は次亜塩素酸ナトリウム6%(家庭用塩素系漂白剤など)を0・02%に薄め、薬液に5分間ほど浸して水洗いします。

 清掃が終わったら、アルコール系消毒薬を使ってしっかり手洗いしてください。

 服装は、けがや土ぼこりなどによる感染症を防ぐことが重要です。長袖、長ズボン、帽子かヘルメット、厚手で長めのゴム手袋、ガラスなどの踏み抜き防止用インソールが入った長靴、防じんマスク、ゴーグルなどを用意してください。NPO法人レスキューストックヤード(http://www.rsy-nagoya.com/)や震災がつなぐ全国ネットワーク(http://blog.canpan.info/shintsuna/)などのホームページが参考になります。【近藤浩之】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副厚生労働相に三原じゅん子氏 がん克服 党女性局長など歴任

  2. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  3. オリックス開幕投手山岡 お待たせ今季初白星 6度目先発「これから全部勝つ」

  4. 「朝鮮かかってこい」 兵庫県サッカー協会事務局長が酒に酔い発言 7月に辞任

  5. ORICON NEWS 『夏目友人帳』新作アニメ制作決定、2021年初春上映 2つの短編エピソード

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです