メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 浸水した床や床下、どうすれば?

浸水で泥をかぶった机や棚が並ぶ庁舎入り口=飯山市役所で2019年10月15日午前11時25分、菊池陽南子撮影

[PR]

清掃と乾燥、床上は消毒も

 Q 浸水した家の床や床下の掃除はどうしたらいいのですか。

 A 感染症予防のためには清掃と乾燥がいちばん重要です。

 床下は、土砂や汚泥などを取り除いた後、水で洗い流し、残った水分は雑巾などで吸い取り、換気してしっかり乾かします。

 床上は清掃に加えて消毒をします。汚れた床や壁、家具などは水で洗い流すか、雑巾などで水拭きします。食器類や調理器具は水洗いし、食器棚や冷蔵庫などは汚れをきれいに拭き取ります。

 消毒に使う薬剤はドラッグストアやホームセンターなどで購入できます。床や使える家具などは10%塩化ベンザルコニウム(逆性せっけん)を0・1%に薄め、雑巾に浸して拭きます。食器類は次亜塩素酸ナトリウム6%(家庭用塩素系漂白剤など)を0・02%に薄め、薬液に5分間ほど浸して水洗いします。

 清掃が終わったら、アルコール系消毒薬を使ってしっかり手洗いしてください。

 服装は、けがや土ぼこりなどによる感染症を防ぐことが重要です。長袖、長ズボン、帽子かヘルメット、厚手で長めのゴム手袋、ガラスなどの踏み抜き防止用インソールが入った長靴、防じんマスク、ゴーグルなどを用意してください。NPO法人レスキューストックヤード(http://www.rsy-nagoya.com/)や震災がつなぐ全国ネットワーク(http://blog.canpan.info/shintsuna/)などのホームページが参考になります。【近藤浩之】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです