メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加熱式たばこ回収ルール策定へ リチウムイオン電池火災相次ぎ 来年にも全国で

リサイクル業者の施設で破砕時に発火した加熱式たばこ=日本容器包装リサイクル協会提供

 ごみに混入したリチウムイオン電池が原因とみられる火災が相次いでいることを受け、日本たばこ協会は、この電池を使う加熱式たばこを独自に回収するルール作りを始めた。日本たばこ産業(JT)は今年5月から東京都内の店舗で試験的に回収しており、この仕組みを参考に販売各社が製品を回収するルールを設け、早ければ来年から全国で実施する。協会関係者が明らかにした。

 協会メンバーのJT、フィリップモリスジャパン、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンの3社は…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文681文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  3. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです