メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恐竜博物館、2023年にリニューアル構想 福井へ新幹線延伸に合わせ

最終日を迎え、来場者でにぎわう特別展の会場=福井県勝山市で2019年10月14日、大森治幸撮影

 来年で開館20年を迎える福井県立恐竜博物館(勝山市)のリニューアルに向けた議論が進んでいる。恐竜に特化した博物館としては世界で三本の指に入るとされ、昨年度は過去最高の93・8万人が訪れた。これに伴い、手狭さも指摘されるようになったことから持ち上がったのが増改築の構想だ。目標は北陸新幹線の福井延伸と同じ年の2023年夏。「恐竜王国」の代名詞とも言える施設の現状と構想の今をリポートする。

 「今回のテーマは恐竜の脳です。でも脳は化石では残りませんよね。では、どうやって調べているのでしょうか。今日は最新の研究結果を紹介します」

 3連休の最終日となった今月14日。恐竜の頭の骨を前に、研究員の河部壮一郎さん(34)の解説が始まった。恐竜の魅力を紹介しようと博物館が毎年開いている特別展。今年は脳にスポットを当てた「恐竜の脳力」が7月から催され、この日、最終日を迎えた。

この記事は有料記事です。

残り764文字(全文1147文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. 任命拒否、04年「想定外」 学術会議人事、政府文書に明記

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです